スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかえり 

2010/06/14 14:57
 はやぶさ、お帰りなさい。

 最後の姿とてもきれいでした。
 魂の帰還だね。

 夢や希望を残してくれてありがとう。

スポンサーサイト

チャイナフリー ひと月バージョン終了

2010/05/04 21:56
 というわけで、フライパンのふたとクリアファイルを買ってきました。

 いや^^ほんのひと月だったからよかった。一年間実験してみた本家の人偉いわ。
 
 月の後半で困ったのは、

 ・水煮タケノコ
 ・果物の缶詰
 ・TOSHI○○の電球・・・・

 こんなところかな。とくに最後の電球は日本ブランドということであっさりだまされるところでした。
 他にも表示確認をあえてしなかったものがいくつか・・・・

 そうこうしているうちに昨日のTVタックルで恐怖の排水油の話題が…

 本当だったんだ・・・・・(お噂はかねがね)

 文房具や工業製品はともかく、食品だけはこれからもチャイナフリーでいこう、とこころに決めたのでした。

 しかし、中国の万博後は分○・・・・というのは本当でしょうか。
 泡がはじけて、それぞれの地方で大運動会って噂は・・・・・ 

 それこそ100円ショップで思い残すことなくファイルを買っておこう、と計画しています。

ワシントン・ポストGJ

2010/04/16 20:09
 loopy Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama.......

 誰が日本の最高機密を漏らしたんだ…・

チャイナフリー その後1

2010/04/06 21:34
 というわけで実験の成果です。

 チャイナフリーで困ったもの・・・・

 その一 フライパンの蓋

  最近新しいフライパンをもらいました。28センチの大きめのものを。
  それまでのフライパンの柄がぐらぐらしてきたのと小さいのとで、引き出物カタログから注文したのです。
  それで困ったのがふた・・・・
  蓋をして焼こうとしても蓋が小さくてはまり込んでしまいます。どうにも勝手が悪い。

  それでそういえば、ふたも別売りしていたわ、と生活用品ショップにお買いものに。

  なんで、中国産ばっかり???

  いろいろな材質と種類があるけれど、どれもmade in China・・・・・

  ちなみに、フライパン本体はタイ産なのよね。ついでに蓋もタイで作って!!!!

  しばらく真剣に悩みましたが、一か月の辛抱だ。5月に買いに行くことにしました。一年実験でなくて良かった。

 その2 クリアファイル

  100円ショップに買いに行きました。
  やっぱりというか、何というか、made in Chin。
  
  ファイルはどれを見ても全部中国製・・・・

  予想はしていたけど、くやしい。

  しかたなく、文房具屋をのぞきに行きました。高いのだろうなぁ、でも、地元文房具店のうりあげになるのだし、  と心を奮い立たせます。
  450円のインドネシア産・・・・・・書類の整理でどうしてもいるんで、買わなくてはいけません。

  中国製だと4冊買えるぜ~などと、悲しい計算を・・・・・

  うさばらしに5月になったら100円ショップでファイルをまとめ買いしてやると心に決めたのでした。

 番外 意外なことに、お菓子とかちょっとした贈り物を詰める袋が100円ショップでも日本製。
    がんばれ、ものづくり日本。

   とはいいつつ、日本買い実験ではなく(すべてmade in Japanをめざせ)、チャイナフリー実験でよかったと思うのでした。


チャイナフリー

2010/03/31 10:17
 サラ・ボンジョルドさんの「チャイナフリー」を読む。
 一年間アメリカで中国製品を買わないように奮闘する話である。
 実験としてはとても面白く、読み物としては笑いを提供してもらった。

 アメリカでは中国製のものなしに、生活するのは難しいらしい。アメリカ国内の産業の空洞化をうかがわせる話である。

 翻ってわが日本はどうか。
 日本も中国製品に席巻されている・・・・・でも、アメリカほどではないのではないか。

 というわけでプチ実験。4月1日から一か月チャイナフリー!!!

 本家が一年間チャイナフリーで過ごし、それも家族を巻き込んだ大規模なものであったのと比較すると、実験というのもおこがましいが、こっそりひと月チャイナフリー実験である。

 1、まわりには宣言しない。家族を巻き込むのも表立ってはしないでおこうと思う。
   いや~~宣言するといろいろ角が立つのが、世の習いらしい。だから、こっそり宣言。このブログの上だけの実   験にしようと思う。
 2、贈り物、もらいもの、拾いものはOK これは本家と同じ。
 3、間違ってチャイナ製を買ってしまってもを返品はしない・・・・
   返品は、すごく抵抗があるのですが。アメリカと日本の文化の違いだろうか。
 4、香港製は中国に含む。台湾は別物。
 5、原料とか材料までは言及しない。
   毛糸の産地とか、鉄の産地とか、言い出したらきりがない。ので、商品をひっくり返してmade in China 表示だ   ったらアウトということで。

 本当は国産品に限る、という実験にしたいところなのだが、それをするととても困りそうなのでひよってしまいました。

 というわけで、今日はユニクロに買い物。ひと月店に行けないので、買い物に行っとかないと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。